ブログトップ

仙台市民より愛を込めて

mantisizm.exblog.jp

牛タンコンシェルジュを目指して太めになったサラリーマンデス。

ユーノス プレッソ

f0091057_15162341.jpeg
拘りのストレートガラケーy-mobilesimplyの出来があまりに酷く、電器屋に言い包められて購入したiphoneに変えて以降
投稿出来ずにおりました。

という事で久しぶりの投稿は初めて愛車ユーノスプレッソについて書きます。

これは姉が中古屋で購入した黒のV6の標準車を貰い乗ってましたがユーノスロードスターVRリミテッドに乗り換えた際に残して貰い、就職で盛岡に戻ったのと同時に車検を取り直して2年ほど乗ってました。

 ランサ-1.6V6に世界最小V6の称号を奪われた1.8V6エンジンの複雑でくぐもったイグニッション音、2速で120kmまで回るエンジンが素敵でした。そして大きく開くガラスハッチのおかげでタイヤを外したMTBを簡単に積む事が出来たのも良かった。車より先に質屋で買ったレカロを入れたり(大きすぎてフィットせず)、インチアップで16インチ入れるもローダウンする費用が無くイマイチな見た目だったこと、燃費が8から9kmと新社会人にはキツく燃費が良いからとフォードKaに引かれ後輩に格安で譲った事も思い出ですね。

 マイナー車種でユーノスブランドだった事は誇りに思いましたが所詮ファミリアベースのスペシャリティカーで中途半端な車でしたね。バブリーだけども薄味なクルマでした。

 



[PR]
by MANTISIZM | 2018-07-11 15:15 | クルマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mantisizm.exblog.jp/tb/29926909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]